• 国内営業
  • 営業事務&貿易事務
  • サービス
国内営業

中京重機の国内営業は、日本全国、企業の規模を問わず幅広く営業を行います。
弊社では、ホームページでの商品営業に力を注いでおり、ホームページからお問い合せ頂いたお客様や、お電話でのお問い合せを頂いたお客様とのやりとりをしていきます。また、弊社には52年の実績があり、長くお付き合いをしているお客様もいらっしゃいます。お客様は大手企業からエンドユーザーの方まで幅広く、リピーターの企業様もとても多いので、様々な方とお仕事をすることができます。発注頂く際に、弊社が持ち合わせている商品だけでなく、弊社の手元にない商品を必要としているお客様もいらっしゃいます。そのような時には、弊社のネットワークを使って、お客様が必要としているものを見つけ出していきます。受注から納入まで、お客様、使う人の立場になって、お客様とやりとりを行っていくのが、中京重機の国内営業です。
弊社では、他の中古業者さんより取り扱っている機械の種類が多いので、受注から納品までのやりとりが、複雑で、難しいですが、いかに正確に、早く納入をするかが営業の腕の見せ所です。

「お客様」それしかない。
お客様が中京重機から買っていただいているのは「信用」です。
使う人の立場になって営業を行い、お客様がどんなことをやりたいのかとことんお話を聞いていきます。またその機械の良いところ、悪いところ、不安要素になるような部分を、全てお客様に伝えていきます。そうすることで、お客様のニーズに応え、不安のない商品をご提供することができます。
悪いところを隠すのではなく、しっかりと伝えておく。そうすることで、最終的にはお客様の不安要素を取り除き、「信用」を得ることができると考えています。営業のお仕事は、ただお客様に商品を納品するだけではなく、安心感をご提供することです。
とにかくお客様の状況をよく聞いて把握する。
とにかくお客様の立場になる。
「お客様」のことを考える。それがすべてです。
学生のうちから、色々な世代の方との交流を。
中京重機の営業のお仕事では、お客様の世代も幅広く、様々な価値観を持った方とお仕事をします。その時には、相手の状況をよく聞いて、相手の立場になって、お客様の必要としているものを把握していくことが大切です。この経験の積み重ねが、営業技術としてブラッシュアップされていきます。学生のうちから、様々な価値観を知っておくと、入社してからのお客様とのコミュニケーションに、活かすことができます。私は学生時代、国際文化学科で学んでおり、他の価値観、文化を知りたいという気持ちが強くありました。このような気持ちから、私は1年間休学し、アメリカへ留学をしました。色々な国の人と接し、コミュニケーションを取る中で、他の文化を知ることができ、国や文化による価値観の違いを知ることができました。みなさんも学生時代にしかできないことをし、様々な価値観を知ってほしいと思います。
私が一緒に働きたいと思う人物像は、礼儀正しく、素直で、前向き、自分が扱う商品に興味・知ろうとする意欲がある、行動力がある、といったような方です。狭い世界にとらわれず、自ら道を切り開き、幅広い価値観を持っている方、また知らない価値観を受け入れていける方と働けることを楽しみにしています。
福嶋 瑞穂

中京重機の営業事務&貿易事務のお仕事は、営業資料の作成や取引先との応対など営業社員のアシストを行う業務、商品の輸出に必要な貿易関係の書類手配、海外との電話応対やメール返信等の貿易事務の業務があります。世界各国のお客様と取引があるためワールドワイドでアクティブなお仕事です。
その業務の中で、とくに必要とされるものは、「俊敏性」です。例えば、海外取引の際に、日々変化するマーケットに対応することや、状況により判断を変える、柔軟な対応が必要になってきます。1つの対応策を考えるのではなく、あらゆる状況を想定して対応策を考える必要があります。この判断に困ることがあっても、関係会社様に問い合わせをするなど、「わからないことをなんとか考えて解決しよう!」といった気持ちと行動力があれば大丈夫です。迅速な判断が必要とされる際にご協力いただけるように、普段の業務の中で社員はもちろん、関係会社様とも深い信頼関係を築いておくことが大切です。
自分で限界を決めなければ、活躍の幅も広げられる仕事であり、お客様・スケジュールあっての仕事でもあるので、管理能力も非常に大事なお仕事です。

人の価値観は違う。でも、最終的に通じると信じている。
私は大学を卒業後、航空会社で接客業を経験し、結婚を期に、事務職への転職をしました。外資系企業を経験後、中京重機に入社をしました。
"海外とやりとりをできるお仕事"ということをポイントに職種を選び、その中で、中京重機への入社を決めた理由は、当時の会長の言葉である、「これまで機械を使ってきたお客様の想いを、次に使うお客様への期待にかえていく。」という言葉でした。商品を使われていた方や、これから使う方への想いや、考えを大切にしている非常にあたたかい会社だなと感じ、入社を決めました。接客業を経験してきた私にとって、お客様の存在は大変大きいので、お客様を大事にする中京重機の考えに、深く共感することができます。
「人の価値観は違う。」
この考えは人と人との関係で、根底にあるものだと私は思っています。人は、それぞれ違う想いがあって当たり前だと思いますが、「どこかで人と人は通じることも出来る」と信じてもいます。弊社に何か不満を抱いているお客様がいるとしても、必ず、お客様の立場になって「どうしてこのような気持ちにしてしまったのだろう」と考えることが必要ですし、商品の仕様を英訳する際には、お客様は何を知りたいのかということを考えて対応します。物の値段自体が決まっていない国の、お客様とのやりとりでは、どうしてこの値段なのかということから共有します。
お客様の気持ち、立場を考え、誠意が伝わるようなお仕事ができるよう心がけています。
とにかくチャレンジ精神!
弊社のクレド(中京重機の定義が書かれたもの)には、「捨てる覚悟をしよう」という言葉があります。この言葉は、「一段上のステージに上がるため、自己否定し、何かを捨てる覚悟を持つ。」といった内容のものです。今あるものをすべて失っても、また新たな自分で前向きにチャレンジしていける自身でありたいと思うからです。宗教、言葉、文化、すべてが違う方がお客様になるわけですから、理解が出来ないのではなく、理解していこうとチャレンジしていく精神が必要であると感じます。
私は、自分に任された業務が、フローの中でどの部分にあたるのか?目的は何なのか?ということを、考え業務に取組んできました。このようにすることで、徐々に仕事の幅が増え、営業さんに対し、2、3割のアシストが、5、6割できるようになる…というように、日々成長していくことができます。
私は、高校卒業後、カナダの大学に入学し、見知らぬ土地で、はじめての一人暮らしをするという経験をしました。当たり前ですが、言語の違い、文化の違いから日々の生活自体がチャレンジの連続でしたし、世の中には多様な価値観があるのだということを、身をもって体験できたことは、私が仕事をするうえで大きな基盤となっています。みなさんも「私はこうです!」と言えるような、自身が夢中になれ、取り組める何かを見つけてください。そして、入社してからも「自分なりの信念やスタイル」を持ち続けることが大切だと思います。学生時代、夢中に取り組んだことは、仕事に生きてくると思います。
とにかくチャレンジしてみてください!!そのような意欲的な方にとっては働きやすい環境です。
稲鶴 和彦

中京重機のサービス職の仕事内容は、建設機械の整備、不具合箇所の修理、お客様の機械の保守・保安です。
中京重機は中古重機のメンテナンスを行い、次に必要とされているお客様に、ご提供していくということを中心 に行っているので、対象とする機械は、中古の機械が多いです。サービス職の仕事には、社内で行う業務と、直接お客様のもとへお伺いして、社外で作業をする業務があります。業務の割合としては、お客様先での業務がサービス職の大半を占めています。
社内で行う業務には、お客様の機械の保安のための、特定自主検査 というものがあります。これは、1年に1度建設機械が受けなければならないもので、安全に機械を運用するため、とても大事な検査です。検査後には、検査結果の書類作成も行います。お客様先では、お客様と直接お話をした上で、整備や修理を行います。職人として機械と向き合うだけでなく、お客様とコミュニケーションをとって、真正面から向き合うことも、サービス職の大事な仕事です。時には、お約束していたお客様先での業務後、突発的なお客様からのご依頼へお応えするため、別のお客様先へご訪問させて頂くこともあります。サービス職として、「お客様のご要望に応えるためにどうすべきか」を常に意識して働いています。やはり多いのは予算の都合をつけて欲しいとのこと。
ここは社内工賃の見直しや、仕入れ部品の見直しなどで、誠意を持って対応しています。

モットーは「努力」。努力を重ねる中で、自然に芽生えたお客様への想い。
機械整備の仕事は「見て覚えろ」という業界です。仕事を始めた慣れないうちはわからないことばかりで、苦労した覚えがあります。
「経験がモノを言う」世界なので、経験が浅いうちは本当に大変で、悔しい思いをたくさんしました。しかし、全てが勉強だと思い、全力で取り組みました。例えば、休憩時間を利用して、自ら勉強したり、マニュアルを読んで、機械について学びました。努力の甲斐あってか、次第に周囲から認められ、出張を任せてもらえるなど、仕事の幅が一気に広がりました。本当に悔しい思いをした分、今は、自分が整備、修理をしたことで、困っていたお客様の問題を解決したり、さらにその問題を短時間で解決できた時には、大きな喜びを感じます。お客様からのご依頼では、「この箇所が壊れているから修理したい」という依頼があります。しかし、その機械の故障は、実はお客様がご指摘されていた箇所だけが原因でなく、他の箇所にも原因があることがあります。また、今は不具合がなくても、機械を点検し、他にも修理が必要な箇所を発見することもあります。仕事をはじめた頃は、お客様のご要望にお応えするだけで精一杯でしたが、今では、「もっとこうしてあげたい」という想いを持ちお客様がより快適に機械をご利用いただけるよう、付加価値を付けて、お客様の困っている点を解決出来るように心がけています。お客様とのコミュニケーションはとても大切です。お客様からのご依頼に対し、安心できる整備、修理を行い、不安点に対して、きちんと内容をご説明する。「お客様により良いサービスを提供するために。」何より気持ちを込めて、仕事をしていきたいと考えます。
「自分で努力し、変化できる人」そんな人と働きたい。
この職種は、「自分で努力する」ことがとても重要なポイントです。職種柄、「見て覚える」ことがほとんどです。自ら積極的に学ぶ意欲がないと、ノウハウを得ることができません。出来ることだけしかやらないのでは、お客様のニーズに応えられるサービス担当者にはなれません。自ら積極的に学び、働くことのできる方とお仕事をしたいですね。
また、変化を恐れずに成長して行けることも重要なポイントです。お客様のニーズに合わせて変化、成長出来れば仕事に対する楽しさも見出せると思います。
私は、最初はわからないことだらけで、苦労することも多くありましたが、努力を続けることで、お客様の要望以上のことを、ご提案することに、楽しさを感じられるように変化していきました。今では「忙しい状態」にこそ、やりがいを感じます。お客様とサービス部門の信頼関係があってこそ、我々はお客様に求められ、選ばれていると思うからです。その求められるお気持ちに応えていくのが、私達の使命です。
ぜひ、自分で努力を継続して、変化していける方とともに、我々の使命を果たしていきたいですね。
  • 国内営業
  • 営業事務&貿易事務
  • サービス
  • 採用トップページ
  • 中京重機とは
  • 仕事紹介

ページトップ