• 国内営業
  • 営業事務&貿易事務
  • サービス

国内営業

市川 寛幸市川 寛幸

中京重機の国内営業は、明確な境目はありませんが、仕入れ主体の営業と販売主体の営業に大きく分けられます。
仕入れは、ホームページに掲載する商品の仕入れ業務です。重機は高額な商品のため、あくまで現車確認が基本。あらかじめ仕入れ先に出向き、重機の状態はどうか、備品は完備されているか、目視で確認を行います。現車確認を経て査定、金額の折衝、そして輸送の手続きなどを行っています。
一方、販売は重機の販促活動です。弊社ではホームページを活用した商品営業に力を入れており、販促については、メールや電話でお問い合わせいただいたお客様の対応と、現車確認でお越しになったお客様の接客が主な業務となります。大手企業から個人ユーザーまで、お客様はさまざま。手元にない商品に関しては、弊社のネットワークを通じて手配することもあります。受注から納品までのやりとりは工程が多くて大変ですが、同時にやりがいのある仕事です。

主力商品であるリサイクル機械・環境機械の販売日本一をめざして。主力商品であるリサイクル機械・環境機械の販売日本一をめざして。
私は販売を経て、現在は仕入れを中心に任されています。仕事の面白さを挙げるなら、出張が多いことでしょうか。多い時には月の半分近くは出張です。北海道から沖縄まで、お客様は全国各地。新幹線や飛行機、時にはフェリーまで利用して、おかげさまで47都道府県すべてに赴くことができました。多様な方々、多様な文化に出会えて、本当に刺激のある毎日ですね。
重機の中には数百万円もする商品もあります。基本的には、弊社で購入するかどうかの最終的な判断は社長が行っています。私の役目は、現車確認を行い、情報を抽出し、正しい報告を行うこと。市場のニーズを分析したうえで、購入するか否かを上司に進言することもあります。

弊社では現在、主力商品のひとつであるリサイクル機械や環境機械の売上が非常に伸びています。みなさんは馴染みがないかもしれませんが、伐採した木の端材をチップにして燃料にしたり、解体現場で発生する破砕ガラをふるいにかけて選別したりする、建設業界では欠かせない重機です。こうしたリサイクル機械や環境機械の仕入れ・販売をさらに強化することが、私の個人的な目標です。
弊社は、嘘や誇張のない正しい情報の提供を徹底しています。自社のサービススタッフも抱え、安心・安全の状態で販売。だからお客様から選ばれていますし、結果も残せてきました。今後は、可能であれば十分な試運転を行える環境も整えて、お客様にさらなる安心感を与えていきたいですね。それが実現できれば、「日本一のリサイクル機械・環境機械の販売会社」となるのも夢ではありません。

一緒に会社を創っていく高い志を持つ人たちを仲間に迎えたい。一緒に会社を創っていく高い志を持つ人たちを仲間に迎えたい。
社内を見渡すと、接しやすいというか、親しみやすい社員が多いのが中京重機の特徴ではないでしょうか。社員同士の距離感が近く、中小企業らしさが全面に出ている会社だと思います。寡黙そうに見えるサービススタッフも、話してみると意外な一面を持っていることも少なくありません。だから、人間関係で悩むようなことはほとんどないように思いますね。
最近は社内イベントも増え、組織として活性化してきました。経営計画の内容を全員で共有し、同じ方向をめざして仕事に取り組んでいます。入社9年目の私としては、少しずつ会社の基盤が固まってきたように感じています。ただ一方で、まだまだ会社として整備されていない部分があるのも事実。業界トップクラスの実績があり、半世紀以上の歴史を持つ弊社ですが、さらなる成長を必要としていますので、「一緒に会社を創っていきたい」という気概に満ちた人、意欲を持った人を仲間に迎え、共に働きたいですね。

営業事務&貿易事務

野村 幸世野村 幸世

弊社の事務職は大きく分けて2種類あります。
ひとつは、営業スタッフの通常業務をサポートする販売促進課の事務職。営業資料の作成や電話対応、伝票の入力、ホームページの更新作業などが中心です。特にホームページは弊社の売上を支えている大切なツールであり、営業スタッフから届いた重機の写真や情報を整理し、正しい内容を適切なタイミングでアップしていきます。
もうひとつが、貿易関係に携わる海外課の事務職。弊社が取り扱う重機は海外でも活躍しています。輸出の際に必要な貿易関係の書類手配、海外業者との電話対応やメール対応などが主な業務です。語学に自身がある方、広い視野を持ってスケールの大きいフィールドで活躍したい方にはピッタリの仕事かもしれません。
私は前者の販売促進課に所属しています。この仕事を選んだのは、性格的に前に出るタイプではなく、どちらかと言えば人を支えるポジションが好きなので、事務職に就きたいと思ったからです。それで業界ではなく職種にこだわって就職活動することに。会社の実績や半世紀以上の歴史、転勤なしの職場などにも魅力を感じて、中京重機に入社を決めました。

営業スタッフの仕事を奪い取るくらいの気持ちでしつこくアタック営業スタッフの仕事を奪い取るくらいの気持ちでしつこくアタック
営業スタッフを支援するポジションですが、受け身の立場で仕事をするのは好きではありません。こうした考え方は、学生時代に歯科助手のアルバイトを経験していた影響が大きいかもしれませんね。歯科助手の役割のひとつに医療器具の準備があります。カルテを見て患者さんの治療内容を把握し、先生が必要とする医療器具を予測して準備。治療がスムーズに進むように手助けします。誰かをサポートする点でも、歯科助手と営業アシスタントは通じる部分が多いように感じます。
入社当初は当然わからないことも多く、与えられた仕事をこなすだけで精一杯でした。でも、少しずつ商品知識を増やし、業務内容を覚え、周囲に気を配れる余裕も出てきました。弊社の営業スタッフはみんな真面目なので、「自分一人で全部やってしまおう」という姿勢の方がほとんど。私が事務的な作業を担当することでみなさんの負担を軽くできますし、効率化も図れます。そこで、仕事を奪い取るくらいの気持ちでしつこくアタックしていきました。

最初は「面倒くさいヤツだな」くらいに思われていたかもしれません。それが段々と「それじゃあ、お願いするね」に変わっていき、今ではごく普通に事務作業を任されるようになりました。「彼女なら仕事を任せても安心だ」と信頼されている証拠だとポジティブに受け取っています。今でも「やりましょうか?」と聞いて「もう終わったよ」と言われると、少し残念な気持ちになりますね(笑)。これからも私にできることは私がやって、営業活動をサポートしていきたいと思います。

成長意欲を後押ししてくれる会社。だから、どんどんチャレンジしたくなる。成長意欲を後押ししてくれる会社。だから、どんどんチャレンジしたくなる。
営業スタッフ同士の会話にこっそりと耳を傾けることで、予測できることもあります。会話から「もうすぐ○○が必要になる」と予測して行動することで、非常に喜ばれることも多いですね。
弊社では、希望すれば外部セミナーに参加させてもらえます。事務職は内勤が中心ですので、どうしても視野が狭くなりがち。外部セミナーに参加することで同業者はもちろん、異業種で活躍する方との交流が生まれますし、スキルアップも望めます。成長意欲を後押ししてくれる会社の姿勢は、本当に頼もしいですね。
私は大学では社会心理学の分野を学んできました。ホームページのキャッチコピーや紹介文の表現方法を変えるだけで、お客様の受け取り方もきっと変わってくるはずなので、学んできたことが「この仕事でも活かせるのでは」と感じています。
中京重機はチャレンジ精神を尊重してくれる会社です。営業アシスタントでも考え方ひとつで主役になれる環境があります。これからも営業スタッフのアシストをしながら、私にしかできない仕事にもチャレンジしていきたいですね。

サービス

稲鶴 和彦稲鶴 和彦

中京重機のサービス職の仕事内容は、建設機械の整備、不具合箇所の修理、お客様の機械の保守・保安です。
中京重機は中古重機のメンテナンスを行い、次に必要とされているお客様に、ご提供していくということを中心 に行っているので、対象とする機械は、中古の機械が多いです。サービス職の仕事には、社内で行う業務と、直接お客様のもとへお伺いして、社外で作業をする業務があります。業務の割合としては、お客様先での業務がサービス職の大半を占めています。
社内で行う業務には、お客様の機械の保安のための、特定自主検査 というものがあります。これは、1年に1度建設機械が受けなければならないもので、安全に機械を運用するため、とても大事な検査です。検査後には、検査結果の書類作成も行います。お客様先では、お客様と直接お話をした上で、整備や修理を行います。職人として機械と向き合うだけでなく、お客様とコミュニケーションをとって、真正面から向き合うことも、サービス職の大事な仕事です。時には、お約束していたお客様先での業務後、突発的なお客様からのご依頼へお応えするため、別のお客様先へご訪問させて頂くこともあります。サービス職として、「お客様のご要望に応えるためにどうすべきか」を常に意識して働いています。やはり多いのは予算の都合をつけて欲しいとのこと。
ここは社内工賃の見直しや、仕入れ部品の見直しなどで、誠意を持って対応しています。

モットーは「努力」。努力を重ねる中で、自然に芽生えたお客様への想い。モットーは「努力」。努力を重ねる中で、自然に芽生えたお客様への想い。
機械整備の仕事は「見て覚えろ」という業界です。仕事を始めた慣れないうちはわからないことばかりで、苦労した覚えがあります。
「経験がモノを言う」世界なので、経験が浅いうちは本当に大変で、悔しい思いをたくさんしました。しかし、全てが勉強だと思い、全力で取り組みました。例えば、休憩時間を利用して、自ら勉強したり、マニュアルを読んで、機械について学びました。努力の甲斐あってか、次第に周囲から認められ、出張を任せてもらえるなど、仕事の幅が一気に広がりました。本当に悔しい思いをした分、今は、自分が整備、修理をしたことで、困っていたお客様の問題を解決したり、さらにその問題を短時間で解決できた時には、大きな喜びを感じます。お客様からのご依頼では、「この箇所が壊れているから修理したい」という依頼があります。しかし、その機械の故障は、実はお客様がご指摘されていた箇所だけが原因でなく、他の箇所にも原因があることがあります。また、今は不具合がなくても、機械を点検し、他にも修理が必要な箇所を発見することもあります。仕事をはじめた頃は、お客様のご要望にお応えするだけで精一杯でしたが、今では、「もっとこうしてあげたい」という想いを持ちお客様がより快適に機械をご利用いただけるよう、付加価値を付けて、お客様の困っている点を解決出来るように心がけています。お客様とのコミュニケーションはとても大切です。お客様からのご依頼に対し、安心できる整備、修理を行い、不安点に対して、きちんと内容をご説明する。「お客様により良いサービスを提供するために。」何より気持ちを込めて、仕事をしていきたいと考えます。
「自分で努力し、変化できる人」そんな人と働きたい。「自分で努力し、変化できる人」そんな人と働きたい。
この職種は、「自分で努力する」ことがとても重要なポイントです。職種柄、「見て覚える」ことがほとんどです。自ら積極的に学ぶ意欲がないと、ノウハウを得ることができません。出来ることだけしかやらないのでは、お客様のニーズに応えられるサービス担当者にはなれません。自ら積極的に学び、働くことのできる方とお仕事をしたいですね。
また、変化を恐れずに成長して行けることも重要なポイントです。お客様のニーズに合わせて変化、成長出来れば仕事に対する楽しさも見出せると思います。
私は、最初はわからないことだらけで、苦労することも多くありましたが、努力を続けることで、お客様の要望以上のことを、ご提案することに、楽しさを感じられるように変化していきました。今では「忙しい状態」にこそ、やりがいを感じます。お客様とサービス部門の信頼関係があってこそ、我々はお客様に求められ、選ばれていると思うからです。その求められるお気持ちに応えていくのが、私達の使命です。
ぜひ、自分で努力を継続して、変化していける方とともに、我々の使命を果たしていきたいですね。
  • 国内営業
  • 営業事務&貿易事務
  • サービス
  • 採用トップページ
  • 中京重機とは
  • 仕事紹介

ページトップ